婦人科ドックの手続方法

!平成28年度より受診申込み方法が変りました!
日本郵船健保組合のドック受診資格者で利用希望者は、直接、健保組合契約の医療機関に受診希望日の1ヶ月前までに電話またはHPなどで受診の申込み手続きを行ってください。
予約完了後は本ホームページにある「ドック予約完了フォーム」を記入の上、健保組合へ送信ください。

利用資格

郵船健保組合の被保険者の女性

一年度(4月~翌年3月)に1回受診できます。

但し、婦人科ドックでは法定健診検査項目はカバーされていませんので、会社が実施する定期健診を必ず受診願います。

検査項目

乳がん検査(マンモグラフィー、エコー)、子宮がん検査(子宮頚部細胞診 )、骨密度検査

注意事項

  • 契約機関一覧表に記載のある検査項目の費用は健保組合が支払いますが、それ以外のオプション検査を受診した場合は、受診利用者の個人負担となりますので、受診当日医療機関の窓口で精算してください。
  • 医療機関への予約成立後の、取消、検査日の変更は極力ご遠慮ください。また医療機関の変更は認められません。取消、検査日変更のため料金が発生した場合は受診利用者が負担することになります。病気・けが等の理由で取消・検査日の変更の場合は必ず健保組合に届出てください。
  • かなり前から受診申込をするため、海外および国内転勤の場合で、取消・検査日の変更をした場合は必ず健保組合にご連絡願います。また、海上復帰などで健保組合の資格を喪失した場合は、健保組合は費用を負担することができませんので、ご注意ください。

受診の申込手続

婦人科ドック受診申込手続き方法

上記画像をクリックすると拡大します。

このページのトップへ