健保からのお知らせ

2017/02/15

「接骨院・整骨院」の正しいかかり方/調査票への協力

健康保険組合員 各位、
 
皆さんが柔道整復師(整骨院・接骨院))に掛かった場合、柔道整復師から
当健保組合への「柔道整復施術療養費支給請求書」を受けて、原則、受診者全員に
「柔道整復師(接骨院・整骨院)の療養費について(照会)」と題して調査票への回答をお願いしています。
 
最近、その調査票への期限までの回答が無かったり、添付すべき領収書(オリジナル)が無かったりなどの不備が散見されます。そのような不備があると、再確認などで余計な時間が掛かり、療養費の支給・不支給の審査作業が滞ることとなります。
 
迅速な審査作業を実行し、大切な保険料を有効に活用したうえで、医療費適正化に取り組むため、皆様には下記の留意事項をご理解頂き、調査票回答のご協力をお願いいたします。
 
 記
 
1.「接骨院・整骨院」(柔道整復師)は「保険医療機関」(医師)ではありません。
 
2.健康保険が使用できる場合は限定的です。
 
3.療養費(医療費ではない)の受領委任制度(療養費支給申請書)について
 
4.調査票に負傷原因を正しく記入してください。
 
5.領収書を保管して、調査票に添付してください。
 
6.調査票の提出期限を守ってください。
 
7.病院・医院(整形外科)との重複はできません。(医療の現物給付を優先するため)
 
8.接骨院・整骨院での施術が長期にわたる場合は、医師(医療機関)の診察を受けてください。
 
以上

添付ファイル

このページのトップへ