海外で医療を受けたとき

被保険者やその被扶養者が海外に旅行中などに受診した場合の費用は健康保険の給付の対象となります。ただし、業務上の病気やケガは除きます。また、治療を目的として海外に出向いた場合は対象外です。

海外には日本の保険医がおりませんので、いったん海外の病院に医療費を立替払いしたのち、その病院で証明された診療内容明細書に基づいて日本国内での保険での治療費を基準とした額が海外療養費として支給されることになります。

診療内容が記載された書類が外国語で作成されている場合は翻訳が必要となります。翻訳者氏名、住所、電話番号の記入も必要です。

申請書類はこちら
  • 海外療養費支給申請書(医科)
     
    書類
    海外療養費支給申請書(歯科)
     
    書類
    海外療養費・調査に関わる同意書
     
    書類
申請には下記の添付書類が必要です

(必要書類)

・診療内容明細書 ※必ず内容の翻訳がされていること(翻訳者氏名、住所、電話番号記入のこと)

・領収書(原本)

・渡航の事実や期間が確認できるパスポート等の写し

書類提出上の注意

A4用紙でプリントアウトして使用してください。

プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。

●書類は健保に直接ではなく、人事グループ給与・厚生センター厚生チームに提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

このページのトップへ